新着情報 メールマガジン Facebook Twitter

第5回 産業観光型NBM講座 晴れの國 岡山・備前焼をめぐる旅-講座概要 (終了しました)

こちらの産業観光講座は終了しました。終了レポートはこちらからご覧いただけます。
昨年訪れた岐阜県の「美濃焼」の産地をめぐる産業観光に続き、今年は岡山県の「備前焼」の産地をめぐります。引き続き、ニッポンブランド・マイスター講座監修し、幅広い工芸に造詣の深い外舘和子氏に、全行程にご同行していただき、外館氏の視点を交え、モノづくりの現場をめぐり、座学では学びとることの出来ない、見て・触れて・感じる講座です。


コース概要

日程 2011年11月19日(土)~20日(日)
場 所 岡山県備前地域
定員 約20名
費用 25,000円(税込)
※現地での移動費.宿泊費.食事代含む(岡山までの交通費は含まれていません)

 

スケジュール/予定

11月19日(土)-伝統を守り続けている「備前焼」の神髄にふれる
備前は、日本の六古窯といわれている瀬戸・常滑・丹波・越前・信楽・備前のなかでも、もっとも古い窯場と言えます。
須恵器の時代から備前焼になり、無釉焼き締めの伝統を守りつづけ、一千年の間、窯の火は絶やしたことがなく、良質な陶土をじっくりと焼き締める、このごく自然な、土と炎の出会い、その融合によって生み出される素朴な焼き物が備前焼なのです。
長年変ることなく作り続けられている産地はめずらしく、外舘氏の解説のもと、窯をめぐりながらその伝統の神髄を探ります。

11月19日(土) 12:30~ JR岡山駅 到着
  12:45~ 岡山市内 昼食
  14:00~ 備前焼陶友会館(備前市) 到着
  14:15~ 備前焼・窯の見学(備前市 伊部)
  17:30~ トービホテル チェックイン
  18:00~ 備前焼 陶芸家との意見交換
11月20日(日)-晴れの國 岡山は モノづくり県
岡山県と聞けば、芳醇なフルーツや新鮮野菜など、素晴らしい食材が想い起こされます。
全国シェア第1位に輝く品目は、温室ぶどう『マスカット』はじめ『ピオーネ』『もも(白桃)』『黒大豆(丹波黒)』。第2位は、『スイートピー』、第3位は『牡蠣(むき身)』と『マツタケ』など、農林水産物の高級素材、食材がずらりと並びます。
また製造業ウェイトは、全国平均21.0%に対し、28.8%とモノづくり県といわれる所以です。今回はその中から、オリーブや地ビールなど食を中心とした温暖な気候が育んだ岡山の産業と風光明媚な岡山を堪能していただきます。
11月20日(日) 8:20 ホテル 出発
  9:00~ 牛窓オリーブ園 見学
  10:00~ 備前土手下麦酒醸造所見学
  11:40~ ぶどうの木舎 昼食
  13:30~ キミセ醤油 見学
  15:30~ 岡山後楽園 到着 解散

 

詳細

次のPDFファイルから講座概要をご覧いただけます。