ニッポンのスペシャリストになろう

日本が世界に誇るモノづくりを知る充実の講座

月1回全8回の講義を通じて、器、漆、和紙などの産地の形成から技術の発達、時代が生んだ新たな美意識、道具とデザインの関係、そしてグローバルな広がりまで、幅広い視野で日本のモノづくりを捉えます。そこから見えてくるのは、世界における日本の価値。マイスター本科では、日本が失ってはいけないモノづくりへの理解を深めるとともに、「日本のこれから」を描くために大切な視点を提示します。

第27期の受講を申し込む 第27期の受講を申し込む

マイスター本科つの特長

  • 国内外で活躍する講師陣

    皆さんは、自分の言葉で日本を語ることができますか?
    マイスター本科の学びはグローバルな視点を重視しています。外からの視点で日本の強みを捉え直し、その強みを活かしたメイド・イン・ジャパンのモノづくりを学ぶことで、日本の価値を説得力のある言葉で伝えられるようになります。
  • 幅広い領域と分野を網羅

    器・漆・和紙など、毎月異なるテーマをバランスよく学ぶことで、日本の伝統・文化どの専門分野にも共通する土台を築くことができます。
    最終回には「心」をテーマに全講義を総括。日本のモノづくりに対する理解をどう社会に役立てるか、自分なりの考えを持ってもらった上で、修了証書をお渡します。
  • 豊かな人的ネットワーク

    毎期20~35名が参加し、受講生はこの8年間で500人に上りました。さまざまな業種や年代の受講生同士、受講生と各界の第一線に立つ講師・ゲスト陣との活発な議論の中から新しいアイデアも生まれています。
    修了生の活躍の場として、モノづくりの現場に直接意見を届ける機会などもあります。
ニッポンのスペシャリスト・白洲信哉が解き明かす 日本人の「美を求める心」 ニッポンのスペシャリスト・白洲信哉が解き明かす 日本人の「美を求める心」

第26期 カリキュラム月1回全8回(1回3時間)

受講生に聞く
モノづくりから得た学びの活かし方

Q & A 受講をご検討の方へ

  • Q どんなテキストを使っていますか?

    1回あたり3時間の講義で無理なく理解できるよう、カラーの資料・図解を多用。また毎期改訂を加え、進化する日本のモノづくりの最新事例を盛り込んでいます。初めて日本のモノづくりを学習する方からモノづくりに関わっている方まで、新しい視点を導く内容になっています。

  • Q 欠席者へのフォローはありますか?

    当日の資料と講義を録画したDVDをお送りします(DVDは要返却)。
    また、授業に出席された方で希望者には、復習用としてDVDの貸し出しも行っています。

  • Q 講義の雰囲気を知りたいのですが…

    カリキュラムのご案内はもちろん、講義の雰囲気や修了生から寄せられた感想など、さまざまなご質問にお答えする無料説明会を随時開催しています。場所は、東京ミッドタウン THE COVER NIPPON、日時は平日11:00~20:00でご希望に応じて調整します。詳細はこちらをご覧ください。

その他のお問い合わせはこちら
第27期の受講を申し込む 第27期の受講を申し込む

受講概要

開催日
月1回全8回(1回3時間/休憩有/土曜日開催)
11月17日※ 12月15日/1月19日/2月16日/3月16日 /4月13日/5月11日/6月15日
※初回のみ15:00~19:00、以降全て16:00~19:00
会場
東京ミッドタウン タワー4F 東京ミッドタウン・カンファレンス ※PDF
定員
35名(最小催行人数20名)
修了規定
全8回中5回以上出席すること。
*やむなく3回以上欠席される場合はご相談ください。
修了レポート
全講座修了後、レポートを書いていただきます。
受講料
198,000円(入会金18,000円+受講料180,000円)(税込)
お支払い
受講料のご入金のご案内後、7日以内にご入金をお願いいたします。 銀行振込またはクレジットカード決済(Visa/Master/DINERS/JCB/AMEX)をご利用いただけます。
クレジットカード決済の場合、分割払いのご指定も可能です。

お申し込みのご注意

*やむを得ない事情により、講師・ゲスト・開催日時・会場が変更となる場合がございます。
*受講お申し込みは先着順となります。定員になり次第締め切らせていただきます。
*開講初日8日前までに受講者数が一定人数に達しない場合、開講中止、または延期となる可能性があります。
その際は、ご入金いただいた受講料はご返金いたします。
*期日までにご入金が確認できない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。
第27期の受講を申し込む 第27期の受講を申し込む

 

PAGE TOP ↑