新着情報 メールマガジン Facebook Twitter

「日本酒のチカラ~酒造りは米作り」

「日本酒のチカラ~酒造りは米作り」2010年10月19日(火)開催

日本酒造りにかかせない良質な水と米。日本酒はその土地で育つ米と水を使い、各地の風土よって造り出された、まさに個性豊かな日本の生活文化そのものです。日本各地の個性を生かした酒造りのため、地域農家と心をひとつにして原材料の米作りから取り組む蔵元があります。蔵元の個性、米の個性を一番感じられる純米酒は、地酒の原点です。注目される日本の農業とともに歩む日本の酒造りについて学び、「米から育てた純米酒」を味わい、純米酒から始まる日本酒の愉しみを再発見できる講座です。

「酒造りは農業の一部」
日本酒は「國酒」とも呼ばれ、他国の影響を受けずに育まれた「日本の民族酒」です。しかし、現代の食生活の変化や、安易な酒造りによる味の均質化などから日本酒離れが進んでいます。一方では食にこだわりを持って選ぶ消費者が増えています。そんななか日本酒の未来を見据え、日本酒のおいしさと可能性を追求するこだわりの蔵元が数多く存在します。「酒造りは、農業の一部」。そう考えた蔵元が、安心・安全・信頼、そしてより旨い日本酒を生み出しています。
日時 2010年10月19日(火)19:00~20:30(受付18:45)
場所 東京ミッドタウン ガレリア3階・THE COVER NIPPON 店内
費用 2,000円(税込)/ペア料金 3,600円(税込)
お二人でご参加の場合 お一人様1,800円
講師

森 晃一郎氏(日本名門酒会 本部企画室部長)
佐藤俊二氏(天寿酒造 杜氏)

公開講座・ニッポンの手習いのご案内に戻る