新着情報 メールマガジン Facebook Twitter

特別無料講座「手拭い文様にみる日本」

特別無料講座「手拭い文様にみる日本」2011年2月26日(土)

今回は、日本独自の伝統文様と染色技法「注染」によって染められる「手拭い」にスポットをあてた、特別プログラム。講師を務めていただくのは、染色の制作から教育までを手がける専門家としてご活躍の大澤美樹子先生です。「注染」で染められた布は染料が裏ぬけするので、表も裏も柄が同じように染め上がります。「ねじり鉢巻きで裏が見えたら粋じゃない」。そんな日本人がもつ繊細な美意識を「手拭い」の染めや伝統の文様から学び、知ることができる講座です。


日時 2011年2月26日(土)15:15~16:30(受付15:00)
場所 東京ミッドタウン・カンファレンス(ミッドタウン・タワー4F)
費用 無料
講師

女子美術大学芸術学部工芸学科教授・マイスター本科講師 大澤 美樹子
女子美術大学卒業。型染と注染を中心に染色作品の制作・研究を行う。毎年国立新美術館「国展」を中心に作品を発表。海外では(米)日本テキスタイル米国巡回展、(英)世界国際教育会議美術展、(英)ブラックウェル美術館国画会展、カンブリア大学で制作発表。安宅賞、日本民藝館展奨励賞、女子美術大学大村賞特別賞などを受賞。現在、女子美術大学工芸学科教授。同大学国際交流担当部長。国画会会員。日本民藝館展審査委員。文科省「質の高い大学教育促進プログラム」で注染の指導を行っている。

公開講座・ニッポンの手習いのご案内に戻る