新着情報 メールマガジン Facebook Twitter

機織り実演あり「奄美大島紬の技に迫る」

機織り実演あり「奄美大島紬の技に迫る」2011年1月10日(月・祝)

大島紬発祥の地、奄美大島では、手織り・先染めでつくられる「本場奄美大島紬」の伝統技法が受け継がれています。今回は、奄美大島紬のつくり手として活躍している、伝統工芸士・高木のり子氏による機織りの実演を間近でご覧いただきながら、講師の輿ほずみ氏にお話を伺っていきます。普段は見聞きすることのできない、つくり手が披露する数多くの本物に触れ、伝統の技に迫ることのできる講座です。


「つくり手から学ぶ奄美大島紬の世界」
独特の黒褐色を生み出す泥田を使った「泥染め」や代表的な「龍郷柄」など、多くの人を魅了してやまない奄美大島紬。一つの織物は約30もの工程を経てつくられ、それぞれ専門の職人たちの技術によって支えられています。30年間にわたって現場を見つめてきた輿ほずみ氏に、奄美大島紬の基礎知識から、後継者不足が深刻化しつつある現場の実情にいたるまで、貴重なお話を伺います。つくり手でなくては語ることのできない、リアルな奄美大島紬の世界をご堪能ください。
日時 2011年1月10日(月・祝)18:30~20:00(受付18:15)
場所 東京ミッドタウン ガレリア3階・THE COVER NIPPON 店内
費用 2,000円(税込)/ペア料金 3,600円(税込)
お二人でご参加の場合 お一人様1,800円
講師

有限会社 興紬商店 興 ほずみ
鹿児島県・奄美大島生まれ。1980年から奄美大島紬の業界に携わるようになり、職人のもとに嫁ぐ。職人である夫の経験と女性ならではの視点を活かした作風が評価され、1995年から数回にわたり本場奄美大島紬協同組合グランプリ大会において、大会賞を受賞。2005~2009年までの間に、最優秀グランプリを4回獲得。~ほんものは時代(とき)を超えて~をモットーに、妥協や手抜きをしないモノづくりを行っている。

公開講座・ニッポンの手習いのご案内に戻る