新着情報 メールマガジン Facebook Twitter

「木のしあわせを、届けるしあわせ」

旭川の家具づくり








「木のしあわせを、届けるしあわせ つくり手が行動する旭川の家具づくり」
日本五大家具産地のひとつ、旭川市。さまざまなモノづくりに携わる人々が集まってきている「モノづくりのまち」です。その理由のひとつとして挙げられるのが、世界中のデザイナーと旭川の家具づくりにとってより親密な国際交流を図る場として開催している「国際家具デザインコンペティション旭川(IFDA)」。いまでは参加国が50カ国・地域に広がり応募数も1,000点を超えています。国内・外へ向けて発信を続けるモノづくりのまちの現在を、つくり手の立場から語っていただきます。
クラフトマン集団から生まれたメーカー
家具を作るときの製造工程で出てしまう木の切れ端。毎日出てしまう「木っ端」がもったいない!と4人のクラフトマンたちが行動を起こしました。株式会社コサインはそこから誕生した旭川の家具メーカーで、「考える、つくる、発信する」を実践しています。そこにはこれからの日本のものづくりに必要なヒントが隠されているのかもしれません。株式会社コサイン代表の星幸一氏をお迎えし、クラフトマンから見た旭川のものづくりについてのお話をうかがいます。そこから見えてくる地場産業の在り方、発信のしかたなどを一緒に考えてみませんか?また、クラフトマンならではの木の特性やこだわり、家具の選び方、お手入れの方法など、すぐに役立つお話もうかがいます。
日時 2010年6月16日(水)19:00~20:30(受付18:45)
場所 東京ミッドタウン3階:THE COVER NIPPON店内
費用 2,000円(税込)/ペア料金 3,200円(税込)
※お二人でご参加の場合 お一人様1,600円
講師 株式会社コサイン 代表取締役社長 星 幸一
北海道生まれ。職業訓練学校にて家具作りを学び、旭川市の家具メーカーに就職。技能オリンピック北海道大会で1位(全国大会出場)、北海道技能協議会で敢闘賞など受賞。その後、自身が学んだ職業訓練校にて職業訓練指導員として技能者の養成に尽力したのち、株式会社コサインを創業。木の端材を活かし、暮らしを楽しむためのものづくりを行なっている。

公開講座・ニッポンの手習いのご案内に戻る